Charvel シャーベル USA Select DK24 超特価激安 Quicksilver CM HSS 2PT 62%以上節約

Charvel(シャーベル)USA Select DK24 HSS 2PT CM Quicksilver

233910円 Charvel(シャーベル)USA Select DK24 HSS 2PT CM Quicksilver 楽器・音響機器 ギター・ベース ギター エレキギター Select,Quicksilver,2PT,233910円,楽器・音響機器 , ギター・ベース , ギター , エレキギター,/lunatize431986.html,HSS,www.mirandaola.com,DK24,Charvel(シャーベル)USA,CM Charvel シャーベル USA Select DK24 Quicksilver CM HSS 2PT 62%以上節約 Select,Quicksilver,2PT,233910円,楽器・音響機器 , ギター・ベース , ギター , エレキギター,/lunatize431986.html,HSS,www.mirandaola.com,DK24,Charvel(シャーベル)USA,CM 233910円 Charvel(シャーベル)USA Select DK24 HSS 2PT CM Quicksilver 楽器・音響機器 ギター・ベース ギター エレキギター Charvel シャーベル USA Select DK24 Quicksilver CM HSS 2PT 62%以上節約

233910円

Charvel(シャーベル)USA Select DK24 HSS 2PT CM Quicksilver



Description

1974年にフェンダーの子会社として設立、エドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)の使用とともに地位を確立させた元祖コンポーネント・ギター・ブランド「Charvel(シャーベル)」。シャーベルのUSA・セレクト・シリーズより「USA Select DK24 HSS 2PT CM」のご紹介です。

シンプルな単色カラーを施したディンキー・シェイプのボディに、ウッドマテリアルは低~高音域までクセの無いサウンドをアウトプットするアルダー・ボディ、25.5インチ・スケールのネックと24フレット仕様の指板には特殊な熱処理を行ったキャラメライズド加工のメイプル材を採用。指板にはローポジションからハイポジションにかけて曲面が徐々に緩やかになるコンパウンド指板、フレットには滑らかなフィンガリングと速く正確なプレイを可能にするジャンボ・フレット、フレットの素材はステンレス製ですので音抜けをアップしながらもフレットの摩耗を最小限に抑えるなどプレイヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

ピックアップ・システムにはHSSレイアウトでセイモア・ダンカン製「SH-10B」と「SSL-6」の組み合わせを搭載し、「SH-10B」からはファットで分厚いトーンを持ちながらも、スピードリフなどの細かいニュアンスも表現できるピックアップで、「SSL-6」からはヴィンテージ・テイストを残しつつも高出力で伸びのあるサスティーンと倍音が得られます。ペグにはスパーセル製のロック式チューナーを搭載しスピーディーな弦交換をお約束。ブリッジにはゴトー製の2点支持止めトレモロ・ブリッジ「510」を搭載することにより、アーミングによるチューニングの狂いを最小限に軽減し、豊かな生鳴り感を活かしてくれるのも嬉しい点です。高いクオリティを感じることのできるUSAモデルに仕上がっております。


Specification

Body Finish: Gloss
Body Shape: Dinky
Body Material: Alder
Neck Material: Caramelized Flame Maple
Neck Construction: Bolt-On with Graphite Reinforcement
Neck Finish: Hand-Rubbed Urethane
Neck Shape: Speed Neck with Rolled Fingerboard Edges
Neck Binding: None - Rolled Fingerboard Edges
Scale Length: 25.5" (648 mm)
Fingerboard Radius: 12"-16" Compound Radius (304.8 mm to 406.4 mm)
Fingerboard Material: Caramelized Flame Maple
Number of Frets: 24
Fret Size: Jumbo Stainless Steel
Nut Material: Graph Tech TUSQ XL
Nut Width: 1.6875" (42.86 mm)
Position Inlays: 4mm Pearloid Dot
Truss Rod Nut: Heel-Mount Truss Rod Adjustment Wheel
Headstock: Licensed Fender Stratocaster
Neck Plate: 4-Bolt Sculpted Heel
Bridge Pickup: Custom Seymour Duncan Full Shred SH-10B
Middle Pickup: Seymour Duncan Custom Flat Strat SSL-6 Single-Coil
Neck Pickup: Seymour Duncan Custom Flat Strat SSL-6 RWRP Single-Coil
Pickup Color: Flat Black
Controls: Volume (with 500K EVH Bourns Low Friction Potentiometer), No-Load Tone
Pickup Switching: 5-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Inner Coil of Bridge and Middle Pickup, Position 3. Neck and Bridge Outer Coil, Position 4. Neck and Middle Pickup, Position 5. Neck Pickup
Pickup Configuration: HSS
Bridge: Gotoh Custom 510 Tremolo Bridge with Brass Block and Titanium Saddles
Hardware Finish: Chrome or Gold
Tremolo Arm: Gotoh
Tuning Machines: Sperzel Die-Cast Locking
Pickguard: None
Control Knobs: Stratocaster-Style Skirt
Switch Tip: Black
Strings: Nickel Plated Steel (.009-.042 Gauges)

Charvel(シャーベル)USA Select DK24 HSS 2PT CM Quicksilver

//php include( TEMPLATEPATH . '/page-templates/top-slide.php' ); ?>
セミナー
JAGAT研修に参加した新入社員に対して、就職活動の感想、社会人生活や今後のキャリアプラン等について、匿名によるWebアンケートフォームを利用し意識調査を行った。今回は新入社員が関心のある学習テーマについて紹介する。

JAGAT info
サブスクリプションの動画配信サービスや、有料コンテンツ配信が加速する中、広告媒体の価値を考えてみる。

研究調査
コロナ禍が始まった2020年は、リモートワークが増え、巣ごもり需要が生まれるなど、われわれの社会生活に大きな影響を与えるものだった。 「愛の不時

JAGAT info
今年2月に開催したpage2022や会員誌『JAGAT info』などを通じてJAGATが目下提唱しているキーワードが、「創注」あるいは「造注」である。

出版・レポート
全産業・全事業所を対象とする「令和3年経済センサス‐活動調査」の速報が、5月31日に公表された。さらに、9月には工業統計の概要版に該当する集計結果が公表される。(数字で読み解く印刷産業2022その3)

資格制度
3月に実施したDTPエキスパート認証試験の結果概要と講評を掲載する。

通信教育
時間と場所を選ばず、自由なペースで学習できる。本社、支社など同じ期間に、同質の学習機会が提供できる。成績表がフィードバックされるので、進捗や成績の一元管理ができる。といった特徴を持つ通信教育講座。これを企業内教育に導入する際には大きく2つの形式がある。

研究調査
5月8日まで21_21 DESIGN SIGHTで開催された展覧会「2121年 Futures In-Sight」展を通じて、私たちはこれからの世界をどのような立場で描くべきかを考える。

研究会
コロナ禍による地元回帰志向によって、ポータルサイトでも地域ニュースの閲覧数が大幅に増えるなど、ローカル情報の価値が高まった。しかし細分化された、より細かな足下の地域ニュースを見つけ、取材し、編集し、一定の品質に仕上げて発信するのは容易ではない。

セミナー
普段の営業活動を顧客視点で見直し、いかに顧客情報を収拾して提案していくにはどうしたらいいか考えよう。